NEWS

【生配信】11/21(土) ジェス・トム『Me, My Mouth and I』特別上映関連トーク

11/05 Thu

自身のトゥレット症候群(チックの一種)を創造的に昇華するため、アーティスト活動を行うJess TOM (ジェス・トム)が、「アンリミテッド・フェスティバル」※1で披露し、話題を呼んだ作品『Not I(わたしじゃないし)』の創作プロセスが描かれたドキュメンタリー映画『Me, My Mouth and I』を、日本初公開いたします。

公開を記念し、11月21日(土)19:30〜20:30、作家のジェス・トムとトゥレットヒーロー共同創設 者のマシュー・ポーントニーがオンラインで質問に答えるトークイベントを開催します。ブックプロジェクト 「そのうち届くラブレター」企画者の金澤韻・田中みゆき・畑井恵がホストになり、Q&Aを進行します。
※1:ロンドンオリンピック・パラリンピック競技大会に向けた文化プログラム

また、皆様からジェス・トムへの質問も募集。
お寄せいただいた質問はキュレーターからジェス・トムへ投げかけさせていただきます。ドキュメンタリー映画を見て浮かんだ疑問や感想を「mail★slowlabel.info」かパラトリtwitterのDMにお寄せください。

 ●ドキュメンタリー映画『Me, My Mouth and I
暗闇の舞台上に宙吊りにされた役者の口だけが露出した「口」という登場人物が、ほとんど意味をなさない言葉を矢継ぎ早に発し続ける、サミュエル・ベケットの演劇作品『Not I』。ジェス・トムは自身のトゥレット症候群(チックの一種)の症状である突発的な発声が挟み込まれる状況を含めて、この作品を演じました。『Me, My Mouth and I』は、その創作の経緯や、彼女を取り囲む人々との対話を描き出したドキュメンタリー映画です。

 

「ジェス・トム『Me, My Mouth and I』特別上映関連トーク」開催概要

◆日時:2020年11月21日(土)19:30〜20:30
◆会場:オンライン
◆視聴方法:事前申込不要。下記のサイトから誰でもご視聴いただけます。
ヨコハマ・パラトリエンナーレ 公式サイト
ヨコハマ・パラトリエンナーレ Youtube公式チャンネル

※字幕、手話通訳、英日通訳付き
※配信中は2行程度の字幕が表示されますが、トークの進行にあわせて文章が流れていくため、じっくり読みながら視聴したい場合は、別窓でUDトークによる文字支援を活用ください。
・URLでトークに参加する

・公開タイプ 閲覧のみ

■iOS & Android
上記のページにブラウザでアクセスしてそれぞれの「トークに参加する」のリンクをクリックしてください。
■Win & Mac 上記のURLをコピーして「公開されたトークを追加する」をクリックしてペーストしてください。
・アプリのダウンロードはこちら
■iOS /
■Android

◆参加・視聴料金:無料

◆登壇者:

Photo:James Lyndsay

ジェス・トム
作家、アーティスト。自身のトゥレット症候群(チックの一種)を創造的に昇華するため、2010年にトゥレットヒーロー(Touretteshero)を共同設立。自伝的作品「Backstage in Biscuit Land」やサミュエル・ベケットの不条理演劇「Not I」の上演は、アンリミテッド・フェスティバルやエジンバラ・フリンジなどで高い評価を受ける。


金澤韻(「そのうち届くラブレター」キュレーター/リーダー)
現代美術キュレーター。1973年神奈川県生まれ。熊本市現代美術館など公立美術館での12年の勤務を経て、2013年に独立。これまで国内外での展覧会企画多数。トピックとして、グローバリゼーション、ニューメディアアート、そして日本の近現代史を扱い、時代・社会の変化とともに変容する人々の認識と、私たちに精神的な困難をもたらすものを捉え、問題解決の糸口を探る。近年の主な展覧会に、「AKI INOMATA: Significant Otherness 生きものと私が出会うとき」(2019)「ウソから出た、まこと」(2019)「毛利悠子:ただし抵抗はあるものとする」(2018)(以上、十和田市現代美術館)「杭州繊維芸術三年展」(浙江美術館ほか、中国、2019)「こども時代」(パレ・ド・トーキョー、フランス、2018)など。https://kodamakanazawa.com/

 


田中みゆき(たなか みゆき) (「そのうち届くラブレター」キュレーター)
キュレーター/プロデューサー/東京都渋谷公園通りギャラリー学芸員。1980年大阪府生まれ。アートセンターなどに勤務後、「障害は世界を捉え直す視点」をテーマにカテゴリーにとらわれないプロジェクトを企画する。価値や評価が定まる前の表現を扱うプロジェクトを通して、表現の見方や捉え方を当事者や鑑賞者とともに再考する。近年の企画に、『大いなる日常』展(2017年、NO-MA)、『音で観るダンスのワークインプログレス』(2017年~19年、KAAT神奈川芸術劇場)、映画『ナイトクルージング』(2019年公開)、『オーディオゲームセンター』(2017年~)など。東京大学DO-IT、Google Rareなど障害や多様性をテーマとしたカンファレンスにも登壇。2018年より東京工業大学リベラルアーツ研究教育院非常勤講師。早稲田大学文学学術院博士後期課程在籍。http://miyukitanaka.com/

 


畑井恵(はたい めぐみ)  (「そのうち届くラブレター」キュレーター)
千葉市美術館 学芸員。1983年和歌山県生まれ。高校中退後、辻製菓専門学校、辻調グループフランス校シャトー・ド・レクレール卒業。パティシエとして2年間勤務の後、大阪大学文学部で西洋近現代美術史を専攻。大阪大学文学研究科博士前期課程修了、同研究科博士後期課程単位取得退学。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館学芸員を経て2015年より現職。現代美術を中心とした展覧会企画及び教育普及事業を担当する。主な企画展に「目[mé] 非常にはっきりとわからない」(2019年)、「小川信治-あなた以外の世界のすべて」(2016年)。公開制作やワークショップを通し、鑑賞者とともに空間をつくりかえていくプロジェクトシリーズ「つくりかけラボ」を企画担当。https://www.hataimegumi.com

Topへ戻る